会津の伝統素材にこだわった
瀧の湯自慢の味

創業百三十余年、会津の地で愛し、愛されてきた庄助の宿瀧の湯。女将から若女将へと六代に渡り受け継がれた秘伝の醸造味噌と会津に四百年以上続く伝統の地酒の酒粕が融合した自慢のタレ。そして、永年の試行錯誤により良質な肉質に改良された会津を中心とした畜産品〈会津牛・会津地鶏・会津産馬肉〉等を漬け込んだ〈庄助酒彩吟醸漬〉は当館の板前人気メニューとしてご宿泊のお客様に愛されてきました。そしてこの度、お客様の多くのご要望により、〈庄助酒彩吟醸漬〉がご家庭でもお気軽に召し上がれる商品として誕生いたしました。当館ゆかりの小原庄助さんは有名な民謡「会津磐梯山」にも唄われるように、会津の酒をこよなく愛し、また大変な美食家でもあったと言われています。庄助というネーミングを使用した〈庄助酒彩吟醸漬〉は、小原庄助という名前に恥じない自慢の商品だと自負しておりますので、是非一度ご賞味ください。

庄助の宿瀧の湯の創業当初から伝わる自家製醸造味噌を使用しています。その味は百三十年以上に渡り、大女将から女将へ、女将から若女将へと代々受け継がれた当館の秘伝の味なのです。日本人にはなじみが深い味噌はそれぞれ家庭の味があります。当館の料理やお味噌汁にも使用する自家製味噌はお客様から懐かしい、いい味がすると言われるほどの隠れた人気料理メニューと言えるでしょう。

会津には多くの酒蔵があり、酒造は代表的な地場産業としても栄えてきました。そんな酒処と当館の名前にもある「庄助」にちなんだ会津の酒粕を使用した商品です。酒粕は日本酒を作る工程で出るモロミを絞った後に残るカスです。ビタミンやアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれます。特に女性に喜ばれる美肌や新陳代謝の促進、冷え症など美容や健康にも良いと言われる成分を含む食品です。

庄助酒彩吟醸漬プレミアム會津べこで使用している牛肉は、主に当社が契約している田部畜産牧場で飼育された黒毛和牛です。飼育環境から飼料まで、一環した管理方法で和牛本来が持つ肉質の旨味を引き出した最高級の牛肉を使用しています。また、本製品で使用している地鶏や馬肉も同様に会津特有の地場産品としても有名で、信頼できる生産家から仕入れた良質の食肉を使用しています。

庄助酒彩吟醸漬は単に良質な素材を使用した商品ではございません。庄助の宿瀧の湯で永年に渡り腕を振るってきた調理長を中心に試行錯誤を繰り返し作り上げた瀧の湯自慢の人気料理です。肉と酒粕や自家製醸造味噌等との微妙な調合があってこその味になっています。素材にこだわり、調味料にこだわり、調合にもこだわった庄助の宿瀧の湯のこだわりの逸品をどうぞご賞味ください。

  • プレミアム
    會津べこ

    主に使用する、契約している田部畜産牧場の会津産黒毛和牛を主に、良質な肉質で赤身と脂のバランスの良さが特徴です。その中でも料理長が厳選したA4〜A5ランクの牛肉のみを使用しています。

  • 黒べこ

    美しい自然で育った、風味まろやかな味わいのブランド牛です。福島県産黒毛和牛の中でも調理長が厳選した牛肉を使用しております。

  • 旬撰べこ

    調理長が自家製味噌と酒粕にマッチする良質な牛肉を吟味、使用しました。旅館の味をお気軽にお召し上がりいただけます。

  • 會津地鶏

    400年の伝統があり絶滅の危機があった中、他種との混在がなく生産されてきた貴重な固有種です。地鶏独特の歯ごたえ・コクがある自慢逸品です。

  • 會津さくら
    (馬肉)

    高タンパク・低脂肪・低カロリーのヘルシー食材です。会津地方ではスーパーマーケットにも常にある生活に密着した自慢の名産品です。

  • 會・ハーブ鶏

    飼料にハーブを使用した福島県産の赤鶏を使用しました。風味豊かで脂肪や鶏肉のくさみが少なく、やわらかい肉質が特徴です。

  • 會・美豚

    αーリノレン酸が豊富な亜麻仁で飼育した「會・美豚」は健康維持に大切な必須脂肪酸を含み、臭みが少なく口の中でとろける味わいが特徴です。