会津若松|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト 会津若松ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

会津若松

鶴ヶ城

会津の歴史

飯盛山

大和朝廷の時代にすでに朝廷と深い結びつきを持ち平安時代には仏教文化の花が開いた会津は、北の要地として日本史に度々登場します。 江戸時代、将軍家光の異母兄弟・保科正之が会津23万石の領主となると、御親藩としてその地位はますます重要なものとなり、質実剛健で強固な藩風が築き上げられていったのです。
徳川家に絶対の忠義を誓った藩祖・保科正之の定めた「家訓」。会津藩の憲法とも言えるこの「家訓」が幕末の会津の運命を決定付けます。 動乱の京都に治安を取り戻すために会津藩に白羽の矢が立った京都守護職の重職。時の天皇・孝明帝の絶大な信頼を受けながらも、 愚直なまでの会津は将軍家を守り続け、政争の大渦の中でいつしか「逆賊」という汚名まで着せられてしまうのです。江戸が無血開城した後も会津は戦い続けねばなりませんでした。 新政府軍は会津を討つことに全戦力を集中し、会津を滅ぼすことによって革命を成就させようとしたのです。
会津に攻め込んだ西軍は10万を越え、数多くの悲劇を残して戦火は会津野を焼き尽くしたのです。1ヶ月に及ぶ籠城戦の後に会津を待っていたのは、 斗南(下北半島)への挙藩流刑という過酷な運命でした。しかし、そうした苦しみの中から立ち上がり新たな時代を切り拓いていった人々が数多くいたのです。 山川3兄弟、柴五郎、山本八重子など明治の巨星と呼ばれる先人たち…どんなに暗くとも決して明けない夜のないように、長い苦難の時を越え会津にも陽はまた登ったのです。

鶴ケ城

鶴ヶ城

1384年、葦名(あしな)家が築いた東黒川館(ひがしくろかわやかた)を前身に持ち、 黒川城と名をあらためたのちに、伊達、蒲生、上杉、加藤といった名だたる戦国大名が次々に居城としました。 1590年、小田原の北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は、白河街道を通って会津へ入り奥州仕置を行いました。 この時、秀吉に会津を託されたのが蒲生氏郷(がもううじさと)です。氏郷は、積極的に城下の整備を行うとともに、 七層の天守閣をもつ若松城を築城しました。空高く翼を広げたような天守閣の形から「鶴ケ城」と親しまれ、 その後、加藤明成によって五層の天守閣に改築されて難攻不落の名城となったこの城は、 1ケ月も続いた戊辰戦争での籠城戦にも耐えたことで知られています。

鶴ヶ城

鶴ヶ城(会津城)

【住所】 福島県会津若松市追手町1-1
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.tsurugajo.com/turugajo/
shiro-top.html

【問い合わせ先名称】 財団法人 会津若松市観光公社
【問い合わせ先電話番号】 0242-27-4005

開館時間 午前8時30分〜午後5時(入城は午後4時30分まで)
休館日 無休
入場料   大人(高校生以上)
茶室共通券
大人(高校生以上) 小・中学生
■個人 500円 400円 150円
駐車場 有り(有料)

鶴ケ城公園

鶴ヶ城公園

公園内では約1,000本のソメイヨシノを中心にエドヒガン、シダレザクラ、ヤマザクラが桜の季節になると咲き乱れています。 淡いピンクに包まれた天守閣は、その優美な姿で見るものを魅了し、夜ライトアップされた桜が堀の水面に映る様はとても幻想的です。日本桜の名所百選の一つに選ばれています。

鶴ヶ城公園

【住所】 福島県会津若松市追手町1-1
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html
【問い合わせ先名称】 財団法人 会津若松市観光公社
【問い合わせ先電話番号】 0242-27-4005


茶室 麟閣

茶室 麟閣

千家流茶道の開祖千利休は、豊臣秀吉の怒りに触れ茶の世界から追放、切腹を命じられました。 その利休の次男である少庵を会津にかくまったのが、 秀吉の命により会津入りした蒲生氏郷です。 織田信長の娘婿であり、勇猛な武将であるばかりでなく、 和歌や茶道に親しむ文化人で、キリシタンでもありました。 氏郷は利休の茶道を惜しみました。 麟閣は少庵が氏郷のため鶴ヶ城内に建てた茶室だと伝えられています。

麟閣は、京都の藪内家に伝わる古田織部の名席燕庵に似た草庵風です。 江戸時代の初期から中期にかけて現在の様式に改められたと推定されています。 氏郷は徳川家康とともに千家復興を秀吉に働きかけ、少庵は京へ帰ることができました。 茶道は少庵の子宗旦に引き継がれ、 さらにその子どもたちの宗左、宗室、宗守が表、裏、武者小路の三千家を興しました。 氏郷の少庵保護によって、今日の茶道があると言えます。 茶道史上重要なこの麟閣も、戊辰戦争後の明治元年、 落城した鶴ヶ城とともに城内の建物が取り壊されたときに失われてしまう所を、 茶人森川善兵衛が払い下げをうけ自宅庭に移築保存、1990年に築造当初の地へ移築復元されました。

茶室 麟閣
【住所】 福島県会津若松市追手町1-1
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.tsurugajo.com/rinkaku/
【問い合わせ先名称】 財団法人 会津若松市観光公社
【問い合わせ先電話番号】 0242-27-4005

開館時間 午前8時30分〜午後5時
休館日 7月第1月曜〜木曜と、12月第1火曜〜木曜
入場料   1〜29名
30〜99名 100名以上
大人
(高校生以上)
200円 180円 160円
※小中学生は無料でご入場できます
駐車場 有り(鶴ヶ城の駐車場を利用)

白虎隊

白虎隊

幕末の会津藩で、軍制改革によって編成された隊のひとつで、 (年齢別に玄武・青龍・朱雀・白虎に分けられていました) 白虎隊には16・17歳の少年兵士が所属していました。 また身分別に士中一番隊・士中二番隊、寄合一番隊・寄合二番隊、 足軽隊に分けられていました。

慶応4年(1868年)、鳥羽・伏見の戦いにより勃発した戊辰戦争。 会津藩は旧幕府勢力の中心と見なされ、新政府軍の仇敵となりました。 白虎隊は本来は予備兵力でした。 隊は士中隊、寄合隊、足軽隊を合わせ、充足数はおよそ340名程度とされました。 なお、装備していた火器は旧式銃(ヤゲール銃、ゲベール銃の短銃身化、前装装条銃) のみであったとされます。 これは火縄銃よりはましというレベルの装備で、 新政府軍の主力たる西南雄藩部隊の装備に対して著しく劣っていました。 (東北諸藩のほとんどは軍備の更新を行わないまま戊辰戦争に突入しており、 白虎隊だけが旧式装備を与えられていたわけではありません。)

白虎隊

会津藩では鶴ヶ城を死守すべく若松へと至る街道口に 主力部隊を展開させて防備に努めましたが、圧倒的な物量で迫る新政府軍に対しては劣勢は否めず、 その上重要な進軍路であった十六橋を落とすことに失敗したという防衛戦略上の不備も重なり、 本来城下防衛の任に当たるべく組織された白虎隊もこれを支援する形で前線へと進軍しました。 少年兵の投入で戦局が代わるわけが無い事は誰もが承知のことでしたが、 白虎隊は各防衛拠点へと投入されたのです。

しかし会津軍の劣勢は如何ともし難く、白虎隊も各所で苦戦を強いられました。 なかでも最精鋭とされた士中隊も奮戦空しく撤退を余儀なくされ、 このうち一番隊は藩主・松平容保護衛の任に当たりましたが、 二番隊は戸ノ口原(戸ノ口原の戦い)で決定的打撃を受けて潰走、 戦死者も少なからずあり、負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へと落ち延びました。 (この間庄田保鉄ら隊員数人が農家で草鞋を貰い受けている間にはぐれてしまいます) そこから眺めた戦闘による市中火災の模様を若松城が落城したものと誤認し総勢20名が自刃。 一命を取り留めた飯沼貞吉(のち貞雄と改名)を除く19名が死亡しました。

実際に城は落ちておらず、途中はぐれた庄田保鉄らはその後、鶴ヶ城に入城し、 士中一番隊の生存者と共に白虎士中合同隊となって、西本丸を守りました。 籠城戦は1ヶ月続きましたが、最終的に会津藩は降伏しました。

飯盛山

飯盛山

白虎隊の墓が山中にあります。昔は正栄寺や宇賀神社、さざえ堂などのある景勝地として知られていました。明治17年に自刃19士の墓が建ち、 その後戦死 31士の墓を追加、また自刃の場も整備されました。昭和3年ローマから記念碑が送られ、 昭和10年には駐日ドイツ大使館付武官によって石碑が建てられました。また松平容保の歌碑を始め、数多くの石碑が建てられています。 昭和32年には蘇生者飯沼貞吉の墓も設けられ、山下には白虎隊記念館も建設されました。今も白虎隊の墓前は香煙が絶えることはありません。

飯盛山

飯盛山

【住所】 福島県会津若松市一箕町大字八幡弁天下
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで5分
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.city.aizuwakamatsu.
fukushima.jp/j/yukari/shiseki/iimoriyama.html

【問い合わせ先名称】 会津若松市観光課
【問い合わせ先電話番号】 0242-39-1251

さざえ堂

さざえ堂

江戸時代後期の特異な建築様式の仏堂のこと。 堂内は回廊になっていて、順路に沿って三十三観音や百観音などが配置され、 堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造になっています。 仏教の礼法である右繞三匝(うにょうさんぞう)に基づき、 右回りに三回匝る(めぐる)ことで参拝できるようになっていることから、 本来は三匝堂(さんそうどう)と言います。 螺旋構造や外観がサザエに似ていることから通称で「栄螺堂」、「サザエ堂」と呼ばれます。

会津さざえ堂は二重らせん構造の斜路をもつ特異な建物として知られています。 正式名称は「円通三匝堂」(えんつうさんそうどう)。 概ね三層構造と言えますが、内部には二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と左回りに下りる斜路が別々に存在します。 入口から斜路を最上階まで上り、他者とすれ違うことなく、別の斜路を降りて出口から出ることができるのです。

かつてこの地にあった正宗寺の仏堂として、江戸時代後期の寛政8年(1796年)(『新編会津風土記』による) に当時の住職であった郁堂(いくどう)が建立したものです。当時は阿弥陀如来を本尊とし、斜路には三十三観音像が安置されていたといいます。 神仏混交の信仰形態をもっていた正宗寺は、明治初期の廃仏毀釈で廃寺となりました。堂内にあった三十三観音像は他所へ移され、代わりに「皇朝二十四孝」の額が取りつけられています。 同名の堂は他所にもありますが、会津さざえ堂のような特異な内部構造をもった堂は他に知られず、稀有な例として1995年6月27日付けで国の重要文化財に指定されました。

さざえ堂

さざえ堂

【住所】 福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」から徒歩で
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.geocities.jp/aizu_sazaedo/
【問い合わせ先名称】 有限会社 山主飯盛本店
【問い合わせ先電話番号】 0242-22-3163

開館時間 午前8時15分〜日没( 4月〜11月)
午前9時〜日没(12月〜3月)
休館日 年中無休
入場料   大人
大学・高校生 小・中学生
■個人 400円 300円 200円
駐車場 有り

七日町通り

七日町

七日町通りは蒲生氏郷の時代にほぼ現在の形に町割が行われ、古くから"七"のつく日に「市」が立っていたことから"七日町"と命名されました。 大町四つ角を起点とする「日光」、「米沢」、「越後街道」が通っていたことから、問屋、旅籠、料理屋が軒を連ね、明治以降も重要な通りとして繁栄しました。

七日町

七日町通り

【住所】 会津若松市七日町
【アクセス】 JR只見線「七日町駅」から徒歩
【最寄り駅】 七日町
【URL】 http://www.nanukamachi.com/
【問い合わせ先名称】 -
【問い合わせ先電話番号】 -

七日町駅

七日町駅

七日町駅は、 単式ホーム1面1線を有する地上駅で無人駅ですが、ホームや上屋のつくりがしっかりとしています。 駅舎の中には「駅Cafe.」という会津17市町村のアンテナショップが入っています。 地酒の仕込み水で入れた水出しコーヒー、地場産フルーツジュースなどが楽しめる喫茶や、 名産品物販スペース、企画展ギャラリー、観光インフォメーションコーナー、 物販コーナーなど会津の情を報発しています。このほか定期市や体験教室も実施しています。

七日町駅

【住所】 福島県会津若松市七日町5-1
【アクセス】 JR只見線「七日町駅」
【最寄り駅】 七日町
【URL】 http://www.aizutetsudo.jp/http://www.aizu-furusato.com/ekicafe/index.php
【問い合わせ先名称】 JR東日本テレフォンセンター
【問い合わせ先電話番号】 050-2016-1602

渋川問屋

渋川問屋

明治時代、会津一の海産物問屋であった渋川問屋。 店舗や屋敷、商品蔵などそっくり利用した宿泊施設で本格的な郷土料理も楽しめます。

渋川問屋の店舗の町屋は明治時代に建てられたもので、 外からではわからない広い敷地内には、明治から昭和初期までの古い建物が建ち並びます。 最盛期には渋川家の人々だけでなく、50人あまりもの奉公人がこの屋敷に暮らしていたといいます。

渋川問屋の4代目を継ぐはずだった渋川善助は、昭和11年(1936年)の二・二六事件に加わった唯一の民間人です。 明治38年(1905年)、渋川問屋の長男として生まれた善助は、陸軍士官学校に進みましたが、階級社会の鋳型にはめようとする陸士教育への批判から教官と衝突し、 予科を優秀な成績で卒業したものの本科卒業目前に退学処分となってしまいました。 陸士退学後は明治大学法科に学び、興亜学塾、敬天塾など民間愛国団体に関心を持ち国家革新運動に挺身します。

二・二六事件は、「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに掲げた皇道派の影響を受けた一部青年将校らによるクーデター未遂事件です。 善助は湯河原の伊藤屋旅館に投宿中の前内大臣・牧野伸顕伯爵の殺害を試みましたが果たせず、 その後東京に戻り決起事件後の外部活動に専念、事件終結まで決起部隊と行動をともにしました。 決起軍の指導者の一人である野中四郎大尉の兵隊をかばった発言を受けて、「兵隊がかわいそうですって?全国の農民がかわいそうではないんですか!」と、善助が食ってかかったそうです。 事件の鎮圧、捜査、公判を受け、決審五日後昭和11年(1936年)7月12日、死刑となりました。 善助の根底にあった精神は常に貧しい農民ためであり、彼ら農民を救済すべく国家に立ち向かいました。 休暇で会津に帰省の際には、自分の豪華な膳を奉公人に分けたり、彼らと同じものを食べると言って聞かなかったそうです。 また、困っている人を見ると持っているものでも着ているものでも何でもくれてしまう人だったそうです。

善助が少年時代を過ごした部屋は現在も保存されており、 生前ここを訪れた、作家・三島由紀夫によって「憂国の間」と名付けられました。

渋川問屋

【住所】 会津若松市七日町3-28
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」から車で10分、JR只見線「七日町駅」から徒歩2分
【最寄り駅】 会津若松
【URL】-
【問い合わせ先名称】 渋川問屋
【問い合わせ先電話番号】 0242-28-4000

※お食事に関して
営業時間 午前11時30分〜午後9時
休業日 無休
平均予算 3000円
駐車場 有り

野口英世青春通り

野口英世青春通り

会津若松市の中心部を南北に伸びるこの通りは、 博士が15歳のとき、幼い頃背負った手の火傷の手術を受けた 「会陽医院」跡が現存しています。 その手術の成功に感動した博士は、自分も医師になることを決意し 「会陽医院」に書生として住み込み、勉学に励んだのです。 そして医師開業試験を受験するため、上京するまでの数年間をこの地に暮らしました。

至るところに博士の足跡が残されています。悩み多き青春時代を象徴するように、 博士はこの街に現存するキリスト教の教会で洗礼を受けています。また、初恋の人といわれている 山内ヨネの生家跡も現存しています。博士は、まさに青春真っ只中をここで過ごしたのです。

野口英世青春通り

【住所】 福島県会津若松市中町
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで15分
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.city.aizuwakamatsu.lg.jp/
j/kanko/link/machinaka/noguchi_seisyun.html

【問い合わせ先名称】 会津若松市観光課
【問い合わせ先電話番号】 0242-39-1251

会津武家屋敷

会津武家屋敷

戊辰戦争で消失した武家屋敷のうち、家老西郷頼母邸を復元した観光スポットです。 復元された西郷頼母邸は約400坪の面積、35室におよぶ宏大な邸宅です。他にも旧中畑陣屋、 茶室麟閣を再現した茶室領南庵、坂本龍馬を暗殺した張本人ではないかとされている佐々木只三郎の墓などがあります。

会津武家屋敷

【住所】 福島県会津若松市東山町大字石山字院内1番地
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで15分
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.bukeyashiki.com/
【問い合わせ先名称】 株式会社素対館
【問い合わせ先電話番号】 0242-28-2525

開館時間 午前8時30分〜午後5時(4〜11月)
午前9時〜午後4時30分(12〜3月)
休館日 年中無休
入場料   大人 中高生 小学生
■個人 850円 550円 450円
■団体(25名様より) 750円 470円 370円
駐車場 有り

福島県立博物館

福島県立博物館

福島県立博物館は、市内にある県立の博物館です。 鶴ヶ城公園内の鶴ヶ城に隣接した場所に1986年(昭和61年)開館しました。 県直営により運営されています。 福島県の古代から現代までの歴史、民俗資料、自然資料を大規模に陳列展示しています。

福島県立博物館

【住所】 福島県会津若松市城東町1-25
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」からバスで
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.general-museum.fks.ed.jp/
【問い合わせ先名称】 福島県立博物館
【問い合わせ先電話番号】 0242-28-6000

開館時間 午前9時30分〜午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日、祝祭日の翌日、12月28日〜1月4日、臨時休館日
入場料   一般・大学生 小・中学生、高校生
■個人 260円 無料
■団体(20名様より) 210円 -
企画展観覧料は、内容に応じて別途設定
駐車場 有り

まちなか周遊バスハイカラさん

福島県立博物館

まちなか周遊バスは、 会津若松市を走るコミュニティバスです。 愛称は、「ハイカラさん」。

城下町で道路が狭く一方通行などが目立つ市内中心部 では、こちらのハイカラさんの利用が便利です。 補助ステップ、車いすリフト機能を備えたユニバーサルデザインで レトロ調のボンネットバスですので一目でハイカラさんだとわかります。 2007年8月より、ハイカラさんの逆回りコースを走る「あかべぇ」が運行を開始しました。

「ハイカラさん」(七日町・鶴ヶ城先回り)
若松駅→町方伝承館→七日町白木屋→七日町駅→野口英世青春館→会津若松市役所→鶴ヶ城北口→県立病院→御薬園→会津武家屋敷→ (東山温泉駅→会津武家屋敷→)飯盛山下→若松駅
※1日20便運行(若松駅発8:00~17:30の間30分間隔で運行)。但し12月~3月の冬期間は最終便が運休。
※東山温泉へは一部便(朝・夕)のみ運行。

福島県立博物館

まちなか周遊バスハイカラさん

【住所】 福島県会津若松市白虎町195
【アクセス】 JR磐越西線「会津若松駅」駅前バスのりば
【最寄り駅】 会津若松
【URL】 http://www.aizukanko.com/modules/haikarasan/
【問い合わせ先名称】 会津乗合自動車株式会社
【問い合わせ先電話番号】 0242-22-5555

営業時間 JR会津若松駅前始発8:00〜最終17:30まで30分おきに運行
(4月1日〜11月30日は始発9:15〜最終16:15まで1時間おきに運行)
※7〜11月の金・土曜と月曜が祝日の場合の日曜に夜間運行あり
休業日 -
料金 大人 小人
200円 100円
ハイカラさん専用1日フリー乗車券:大人 500円(小人 250円)

いにしえ夢街道

いにしえ夢街道

庄助の宿 瀧の湯の周辺を散策するのにおすすめな「いにしえ夢街道」のご紹介です。
詳細はこちら。


会津での体験観光

会津での体験観光

会津では、見るだけでなく、さまざまな体験観光が出来ます。
詳細はこちら。