喜多方|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト 喜多方ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

喜多方

喜多方

喜多方とは

かつては北方(きたかた)と呼ばれていた喜多方。福島県会津地方の北部に位置していたため、そう呼ばれていました。 蔵とラーメンと桐が有名であり、特に喜多方ラーメンは全国的に知られており、 札幌、博多と並んで日本の三大ラーメンのひとつに数えられることもあります。 近年、太極拳のまち、グリーンツーリズムのまちとして、また、 合併によって喜多方市になった山都町はそばの里として全国的に有名です。

  • 蔵のまち喜多方
  • 蔵のまち喜多方

    「蔵のまち喜多方」の言葉通り、喜多方にはたくさんの蔵があります。 この蔵は観光のためにつくられたものではなく、現在も人が住み、使い、喜多方の人々にとって生活の一部です。 表通りはもちろん、路地裏や郊外の集落にまで蔵があります。その数は二千六百棟余といわれています。

    なぜ、喜多方にこんなに多くの蔵が建てられたのでしょうか。 それには、いくつかの理由がありました。

    まず、今でも、酒蔵、味噌蔵として使われていることから、 良質の水と米に恵まれた土地ならではの醸造業を営む場として、蔵が最適な建物であったことです。

    また、喜多方の男たちにとって自分の蔵を建てる事は、情熱をかけた誇りの対象でもありました。 「四十代で蔵を建てられないのは、男の恥」とまで言われました。 喜多方の蔵が、画一的なものでなく、白壁、黒漆喰、粗壁、レンガなどの種類や扉の技巧に いたるまでバラエティーに富んでいるのは、そうした男たち一人一人の「夢の結晶」であり 「ロマン」の表現だったのでしょう。

    そして、もう一つの大きな理由。それは、明治十三年に起きた大火でした。 この火事は、市の中心部から瞬く間に燃え広がり、約三百棟の家々を焼き尽くす大変なものでした。 が、そのとき、くすぶる焼け野原に、厳然と残ったのがまぎれもない蔵の姿だったのです。 こうして喜多方の人々は、蔵を誇りとして、蔵とともに、今日もまた暮らしています。

喜多方の蔵の特徴

喜多方の蔵の特徴

1.まちの中心部以外にも蔵が多い(周辺の集落など)

まちの中心部から離れた農村集落にも煉瓦蔵など様々な蔵が多数存在しています。

2.幅広い用途

蔵の用途は、倉庫だけでなく、店舗(店蔵)、住まい(蔵座敷)、漆器職人の作業場(塗り蔵)、酒・味噌・醤油の貯蔵庫(酒蔵・味噌蔵・醤油蔵)、屋敷の塀(塀蔵)、トイレ(厠蔵)など、幅広く使われています。

3.建築様式、建築材料が様々である

蔵の一般的な壁の材料である白漆喰の他、黒漆喰、煉瓦、土壁などがあります。 特に、特別な建物に使われることが多い煉瓦が、一般的な農家の建物に普及しているのは珍しいです。

4.現在も生活の一部として使われている

喜多方の蔵は現在も大半が使われ続けており、生活文化の中にしっかりと息づいています。

  • 喜多方ラーメン
  • 喜多方ラーメン

    喜多方ラーメンは、札幌・博多ラーメンと並び「日本三大ラーメン」の一つに数えられることもある全国的に有名なご当地ラーメンです。
    その誕生の歴史は大正末期から昭和初期にさかのぼります。 当時の喜多方には、ラーメン屋はありませんでしたが、中国から渡ってきた青年がチャルメラを吹き、 屋台をひいて支那そば(ラーメン)を売り歩いていました。
    その手作りの支那そばが、70有余年の歴史を持つ喜多方ラーメンの元祖と言われています。

    喜多方ラーメンがこれほどまでに有名になった理由。 それは蔵の写真をとるための観光客が喜多方ラーメンを有名にした最初要因だったのです。

    喜多方ラーメンは、基本的には醤油味がベースですが、それぞれ店によって 色合いや風味が異なり、全く同じ風味、味の店などありません。 麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、麺の幅が約4mmの太麺で、 水分を多く含ませじっくりねかせてつくります。コシと独特の縮れがあるのが特徴です。 また良質の水に恵まれているので、その水を使って麺が作られ、高品質の醤油や味噌が作られ、豚骨や魚介類また地元でとれた野菜などによって絶妙な味を持つ喜多方ラーメンができあがるのです。

喜多方ラーメン

市内には、120軒以上ものラーメンの店があります。なかにはガイドブックやラーメンマップにも 載っていない、穴場なラーメン店も数多く存在しています。蔵散策がてら、そんなお店を自分の足で 見つけるのもまた、喜多方の楽しみ方のひとつです。

喜多方老麺会のサイトはこちらから。
http://www.ramenkai.com/

  • 喜多方蔵の里
  • 喜多方蔵の里

    喜多方は江戸時代には物資の集散地として、また若松城下と米沢を結ぶ街道のまちとして栄えました。 喜多方蔵の里は、蔵文化の保存と伝承を目的に喜多方の古い蔵や旧家を移築、展示した施設です。 主な建物は郷頭屋敷・旧外島家住宅(県指定重要文化財)、肝煎屋敷・旧手代木家住宅(県指定重要文化財)、旧東海林家酒造蔵などです。 江戸から明治にかけて建てられた蔵の中には、当時を偲ばせる郷土資料を数多く展示しており、 個々の蔵の使い方や、喜多方地方の郷土資料などを展示しています。 蔵座敷では抹茶や煎茶(各400円)を飲む事が出来ます。

喜多方蔵の里
喜多方蔵の里

【住所】 福島県喜多方市押切2-109
【アクセス】 JR磐越西線「喜多方駅」から徒歩15分
【最寄り駅】 喜多方
【URL】 http://www.furusatosinkou.co.jp
【問い合わせ先名称】 喜多方市ふるさと振興株式会社
【問い合わせ先電話番号】 0241-22-6592

開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 12月29日~1月3日
入場料   一般・大学生 小・中・高生
■個人 400円 200円
■団体(20名様より) 200円 150円
駐車場 (普)117台、大型バス可(喜多方プラザ駐車場)
  • 喜多方市美術館
  • 喜多方市美術館

    蔵の里を満喫したあとは、その足で美術鑑賞はいかがでしょうか。 喜多方市美術館は、蔵の里と隣接しており、その外観もまた、 「蔵のまち」らしく煉瓦蔵をイメージしてつくられています。 建物の一部には地元喜多方で焼いた煉瓦を積み、 こじんまりとした中にも落ち着きがあり、 周りの町並みにすてきに調和している建物です。

    喜多方市美術館は、常設展示はなく、企画展中心の美術館です。 夏休みの期間を中心に、家族で楽しめる展覧会も毎年企画されています。

喜多方市美術館

【住所】 喜多方市押切2-2
【アクセス】 JR磐越西線「喜多方駅」から徒歩15分
【最寄り駅】 喜多方
【URL】 http://www.city.kitakata.fukushima.jp/
bijyutsukan/

【問い合わせ先名称】 喜多方市美術館
【問い合わせ先電話番号】 0241-23-0404

開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日 (但し祝日・休日は開館)
年末・年始
※ 展示替えの時、休館することがあります。
入場料   一般 大・高校生 小・中学生
■個人 300円 200円 100円
■団体(20名様より) 250円 150円 80円
※展覧会によって異なる場合があります。
駐車場 (普)117台、大型バス可(喜多方プラザ駐車場)
  • 北方風土館
  • 北方風土館

    江戸時代中期の寛政二年(1790年)創業の老舗酒蔵、大和川酒造。 清冽な飯豊山の伏流水と、自社田や契約栽培農家で 収穫された無農薬、減農薬無化学肥料の良質な酒造好適米を使い銘酒を醸造しています。 敷地内に建つ6棟の蔵の一部を北方風土館として公開しています。 江戸蔵では酒造りの道具、大正蔵では大和川酒蔵の歴代製品を展示しています。 お酒の試飲もできます。

北方風土館

【住所】 福島県喜多方市寺町4761
【アクセス】 JR磐越西線「喜多方駅」から徒歩15分、または磐越道「会津若松IC」から車約30分
【最寄り駅】 喜多方
【URL】 http://www.yauemon.co.jp/
【問い合わせ先名称】 大和川酒蔵北方風土館
【問い合わせ先電話番号】 0241-22-2233

開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 年末年始は店頭販売のみ
入場料 無料
駐車場 無し
  • 楽篆工房
  • 楽篆工房

    書家であり刻字家でもある楽篆家の高橋政巳先生の工房が楽篆工房です。 工房を訪れると、高橋政巳先生があなたの名前を『古代文字』で書いてくださり、 名前に使われている漢字の意味を丁寧に説明してくださいます。喜多方の旅の記念にいかがですか?

    高橋政巳先生プロフィール

    昭和22年(1947年)福島県生まれ。 刻字の草分け的存在で前国際刻字連盟初代会長、故長揚石氏に師事。 篆書を始めとする書を通じ、文字の持つ素晴らしい歴史的意味や美しさの伝承に幅広い活躍をしている。 また、木や石等に漢字を彫る刻字家としても活躍。 漢字の源である象形・甲骨・周時代の金文等を租形として、独自にデフォルメされたその創作的書体は、現代の漢字にはない新鮮さと、人々を魅了する独特の美しさがある。 現在、拠点を喜多方に置き、毎日展会員、NHK文化センター講師、日本刻字協会理事及び審査員、千秋会会津支部欣刻会事務局長を務めながら、創作活動を続けている。 平成12年6月には喜多方に氏のギャラリー「楽篆工房」がオープン。

楽篆工房
楽篆工房

【住所】 福島県喜多方市字寺町4771
【アクセス】 JR磐越西線「喜多方駅」から徒歩15分、または磐越道「会津若松IC」から車約30分
【最寄り駅】 喜多方
【URL】 -
【問い合わせ先名称】 楽篆工房
【問い合わせ先電話番号】 0241-22-3131

開館時間 午前10時~午後6時
定休日 木曜日(祝日を除く)
入場料 無料
駐車場 有り
会津での体験観光

会津では、見るだけでなく、さまざまな体験観光が出来ます。
詳細はこちら。