新島八重特集|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト 新島八重特集ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

新島八重特集

新島八重
大龍寺
日新館
覚馬の生家
飯盛山
鶴ケ城
周遊コース

新島八重

新島八重は、会津藩の砲術師範であった山本権八・佐久夫妻の三女として現在の会津若松市に生を受けます。幼少期から男まさりな性格だった八重。家芸の砲術に興味を示し、実兄の覚馬から洋式砲術の操作法を学びました。戊辰戦争時では、断髪に加え亡き弟・三郎の装束を身につけて男装し、スペンサー銃を持って奮戦しました。この姿が後に「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれるようになった所以といえます。

その後、戦争で命を落としたとばかり思っていた兄・覚馬を頼って、家族で京都へ移り住みます。覚馬は京都府顧問となっており、八重は兄の推薦を受け京都女紅場(後の府立第一高女)の権舎長・教道試補となりました。この頃から茶道に親しむようになります。同じころ覚馬の元に出入りしていた、そこで同志社大学創立者となる新島襄(同志社創立者)と運命的な出会いを果たし、再婚します。

ハンサムウーマン

男女の平等を望む八重は、アメリカ帰りの夫を『ジョー』と呼び捨てにしました。また、襄もまたレディファーストで八重を扱ったので八重の態度はより一層横柄なものに見えたのでしょう。その生き方は女は男に従うことが当然視された時代に世間から「天下の悪妻」といわれてしまいます。

しかし襄は「気にすることはありません。僕はそんな八重さんが大好きです」と励まし、八重もまたそのスタイルを変えませんでした。ふたりはたいへん仲睦まじかったと言われています。

ドラマ「八重の桜」では娘時代の八重を綾瀬はるかが演じ、会津の美しい自然の中で砲術を覚え、戊辰戦争の戦乱をその砲術をもって鶴ヶ城を守る逞しくも美しい八重を好演しました。