飯盛山|新島八重特集|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト 新島八重特集ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

新島八重特集

新島八重
大龍寺
日新館
覚馬の生家
飯盛山
鶴ケ城
周遊コース

飯盛山

庄助の宿 瀧の湯から丁度真北に位置する飯盛山は、白虎隊自刃の地として有名です。近隣には白虎隊記念館などがあり、八重の桜ブーム以前から観光名所として知られています。ご飯を盛ったような、こんもりとした形から「飯盛山」と名付けられました。

江戸時代後期の戊辰戦争に際して起きた会津戦争では、藩士子弟の少年たちで構成された白虎隊が抗争中飯盛山に逃れました。その際、鶴ヶ城周辺の武家屋敷で行われていた炊き出しの煙を、落城と錯覚し、自刃したと言われています。

山中には白虎隊の墓があり、昭和32年には蘇生者飯沼貞吉の墓も設けられ、山下には白虎隊記念館も建設されました。今も白虎隊墓前は香煙が絶えることはありません。

山のふもとには会津のお土産屋さんが並びます。中腹には日本では大変珍しい木造建築物の栄螺堂(さざえどう)があります。この建物は上りと下りで同じ道を通らず抜けられる特殊な作りをしており、国の重要文化財に指定されています。

八重の桜と白虎隊

ドラマ「八重の桜」では勝地涼演じる山川健次郎が白虎隊士として有名です。落城後の会津藩の未来を背負って、猪苗代の謹慎所を脱出し、長州藩の奥平謙輔の力を借り、アメリカのイェール大学に留学します。その後は東京・九州・京都の大学総長を歴任し「白虎隊総長」と呼ばれ、晩年は会津の復権に努めます。

このように白虎隊でも全員が自刃したのではなく、生き残り会津を支えた少年たちも数多く存在します。ドラマ「八重の桜」では白虎隊の姿こそあまり見ませんが、会津観光と言えば白虎隊、白虎隊と言えば会津というくらいに、会津観光ではとても有名な存在です。