SLばんえつ物語|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト SLばんえつ物語ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

SLばんえつ物語

画像提供『3秒半のときめき』

SLばんえつ物語について

磐越西線を走るSLということから「ばんえつ」を豊かな森と水に育まれた自然と人が 触れ合うことで生まれる「物語」と組み合わせて「SLばんえつ物語」号と命名されました。

春から秋までの土曜・休日を中心に、会津⇔新潟間を1日1往復の運転。福島県会津若松駅と 新潟県新潟駅間を約4時間程度で結ぶ臨時快速列車として運行されています。 1999年4月29日から磐越西線で復活を遂げたSL C57-180で定期運行している「SLばんえつ物語」号は、 首都圏をはじめ全国の皆さまからご利用いただいております。「森と水とロマンの鉄道」 磐越西線の四季折々の風光明媚な景色をお楽しみください。

  • 画像提供『3秒半のときめき』
  • 歴史

    昭和21年(1946年)夏に1台の蒸気機関車「SL C57-180号機」が誕生しました。 「貴婦人」と称されるこの蒸気機関車は、戦争の傷跡が残る国土を力強く走り抜け、 昭和44年秋「終のすみか」となった新津第一小学校にその身を横たえました。

    平成11年(1999年)4月29日から磐越西線で復活を遂げたSL C57-180で定期運行している 「SLばんえつ物語」号は、首都圏をはじめ全国のSLファンの方に愛され続けております。

 

使用機関車・使用客車

※7両編成(客車6両+展望車1両)で運行し、定員は約460名です。

快速「DLばんえつ物語」号(2006年以来5年ぶり)
編成 DL(DD51ディーゼル機関車)+12系ばんえつ物語号客車7両
運転日 4月2日(土)〜4月10日(日)間の土曜・日曜(4日間)
DD51とは 「DD51」はSLの置換え用として1962年から製造され、非電化区間で特急列車から貨物列車まで幅広く牽引される機関車です。 1995年頃まで磐越西線で客車を牽引し営業運転していました。
 
快速「D51ばんえつ物語」号(2006年以来5年ぶり)
編成 D51-498+12系ばんえつ物語号客車7両
運転日 4月16日(土)〜5月29日(日)間の土曜・日曜・祝日(18日間)
D51とは 「SL D51-498」は上越線後閑駅で静態保存されていたものを1988年に復元し、再デビューしました。 その後多くのイベントに合わせJR東日本各地で運転され「デゴイ チ」の愛称で親しまれています。
 
快速「SLばんえつ物語」号
編成 C57-180+12系ばんえつ物語号客車7両
運転日 6月4日(土)~9月25日(日)間の土曜・日曜・祝日等(35日間)
C57とは 1946年生まれ。"貴婦人" という愛称で親しまれてきました。180号機は1999 年に動態復元。 磐越西線を走る季節定期列車「SLばんえつ物語」号として運行しています。
 

SLばんえつ物語号運行日時

PDFダウンロードはこちらから

画像提供『3秒半のときめき』
運行日時
4月 2(土)3(日)9(土)10(日)16(土)17(日)23(土)24(日)29(金祝)30(土)
5月 1(日)3(火祝)4(水祝)5(木祝)7(土)8(日)14(土)15(日)21(土)22(日)28(土)29(日)
6月 4(土)5(日)11(土)12(日)25(土)26(日)
7月 9(土)10(日)16(土)17(日)18(月祝)23(土)24(日)30(土)31(日)
8月 6(土)7(日)13(土)14(日)15(月)16(火)20(土)21(日) 27(土) 28(日)
9月 3(土)4(日)10(土)11(日)17(土)18(日)19(月祝)23(金祝) 24(土) 25(日)
8/27, 9/24 は新潟→会津若松の片道運転
8/28, 9/25 は会津若松→新潟の片道運転
 
画像提供『3秒半のときめき』
SLばんえつ物語号時刻表1
 
画像提供『3秒半のときめき』
SLばんえつ物語号時刻表1
 

運賃・購入方法

指定席料金(大人510円・子供250円)+ 乗車券
※始発駅から終点駅(会津・新潟間)をご利用の場合で乗車賃2,210円

指定席の発売は、運転日の1ヶ月前、午前10時から全国の緑の窓口・びゅうプラザ・主な旅行会社で発売。

●インターネットでのご予約 http://jreast.eki-net.com/

沿線観光情報

SLばんえつ物語号沿線観光情報 新潟駅 新津駅 五泉駅 咲花駅 三川駅 積川駅 日出谷駅 野沢駅 山都駅 喜多方駅 塩川駅 会津若松駅

SL会津只見号について

近年は5月と11月の2回、福島県会津若松駅と福島県只見駅間を約3時間30分程度で結ぶ臨時快速列車として運行されています。

  • 画像提供『3秒半のときめき』
  • 歴史

    JR只見線は、昭和49年(1974年)10月まで「C11型蒸気機関車」を使用してSLを運行していました。

    平成13年(2001年)10月、真岡鉄道からSLを借りて27年ぶりに只見線でSL運転を行い、 平成14年には転車台が補修され復活。平成15年は春と秋に「C11型」のSL機関車とレトロ調の旧型客車3両を連結して走りました。 平成16年は前年とほぼ同じ様な運行を行い、2月7・8日には冬の只見線、豪雪の中を雪煙りをあげて力づよく走行。 平成17年には「あいづデスティネーションキャンペーン」が開催され、新宿⇔会津直通の「あいづ」を運転するなど臨時列車が多数設定されました。

    只見線は、日経新聞 NIKKEI プラス1「何でもランキング」 で、2003/11/29には「冬景色のきれいなローカル線 3位」に、 2008/10/11には「紅葉のきれいな鉄道路線1位に」選ばれました。

画像提供『3秒半のときめき』

使用機関車・使用客車

SL C11-325型蒸気機関車(真岡鐵道所属)・旧型客車 3両編成 定員248名 高崎支社所属

 
画像提供『3秒半のときめき』


画像提供『3秒半のときめき』

SL会津只見号運行日時

近年は5月と11月の2回、大体以下の時刻で運行する事が多いです。

上り 只見→会津若松
只見 会津若松
13:41発 16:51着

下り 会津若松→只見
会津若松 只見
9:06発 12:34着
 

運賃・購入方法

大人 2,130円(乗車券1620円・指定席510円)・子供 1,060円(乗車券 810円 ・指定席250円)
指定席の発売は、運転日の1ヶ月前、午前10時から全国の緑の窓口・びゅうプラザ・主な旅行会社で発売。

●インターネットでのご予約 http://jreast.eki-net.com/

画像提供「3秒半のときめき」
http://www.geocities.jp/kokamo18/