大内宿の観光|東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト

東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」公式サイト 大内宿ページ

福島 会津 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 公式サイト

Facebook LINE YouTube 資料請求 24時間356日お気軽にお問い合わせ下さい 0242-29-1000

大内宿

大内宿

大内宿とは

大内宿は、昭和56年4月18日に江戸時代の宿駅制度に基づいてつくられた宿場の形態を良く残す町並みとして「重要伝統的建造物群保存地区」として国の選定を受けました。宿場町としては中山道の妻籠、奈良井に続いて3番目で、保存維持と修理事業が行われています。
藩政時代の厳格な町割りによって決められた大内の一軒あたりの屋敷面積は95坪(171平方m)、建坪40坪(約72平方m)の家屋は街道に沿って3尺(約90cm)の緑を付けその前に「オモテ」と呼ばれる3間幅(約5.4m)の広場を設置したことで整然とした町並みが成り立ちました。

  • 大内宿
  • 町並みの特徴

    1. 旧街道の両側にほぼ均等に割られた屋敷割りである。
    2. 主屋は茅葺き寄棟造りで妻を街道に面している配置。
    3. 屋敷は二座敷を併置し、街道に面する旧宿駅住居の形式。
    4. 二座敷の表及びその前後を化粧で飾る軒形式。

  • 大内宿
  • 大内宿の歴史

    大内は、江戸時代に下野街道の一宿場として栄え、明治以降、交通路の変化により昔の面影を今にとどめています。大内が下野街道の一宿場として形成されたのは、17世紀の初期といわれます。この街道は、すでに鎌倉の時代から会津と関東を結ぶ街道としてかなりの往来がありました。しかし、街道の整備は行きとどいていなかったようです。各地の街道の整備に力を入れたのは戦国の時代からで、全国統一の一環として行われました。

    徳川幕府がこれを継ぎ、五街道の幹線やその付属の諸街道に対して支線の意味で、脇往還、脇道などとも呼ばれていました。下野街道は、1つの脇街道であって幹線に較べると小規模であり、街道も宿駅も不備であったようです。また、大内は若松へは約4里半(16.5km)田島へは5里(20km)当時の1日行程は約8~10里であり、大内宿は中宿にあたり、本街道の間宿にあたり昼食のための休憩の宿場でありました。

    大内宿がいつ頃形成されたかはっきりしませんが、同じ街道筋にある川島宿が承応3年(1654年)にできたことから考え、ほぼこれと同じ頃と考えられます。江戸時代の街道整備は、徳川幕府の支配体制の確立と関連しておりこの頃すでに、五街道を初め脇街道なども整備されました。江戸時代には、江戸と会津(ちなみに若松~江戸間は61里約244km)を結ぶ街道で宿場として重要な役割を果たしておりました。

    また、大内を通るこの街道(下野街道)は相当古い時代からの人の往来があり、天正18年(1590年)8月、豊臣秀吉が会津平定の帰りに通っているそうですが、未だその時は街道としての形はしてなかったようです。

その他

その他

・年会イベント: 7月2日の半夏まつり、2月第2土・日曜日の大内宿雪祭り ・大内宿内にあるお店の営業時間: 9時~17時

ねぎそば

大内宿名物

ねぎそば

大内宿の名物、長ネギが丸ごと一本のっている「ねぎそば」。 またの名を「高遠そば」。 会津松平家の初代藩主松平(保科)正之は、最初、信州高遠の城主でした。 そして信州高遠での蕎麦の食べ方が会津にもたらされたと言われています。 会津では昔、結婚式などの祝い事は客を家に招いて行っていました。 そばは最後に必ず出されるおもてなし料理でした。 このそばは、箸の代わりに長ネギ一本で食べます。長ネギで蕎麦をたぐり、蕎麦を食べつつ、長ネギをかじるという食べ方です。新鮮な長ネギだからこそできる食べ方です。

とちもち
とちもち

灰汁抜きした栃の実をもち米とともに蒸してからついて餅にしたものが「とちもち」です。 もち米だけの餅よりも黄土色や茶色がかっており、独特の苦味があるのが特徴です。

玉こんにゃく
玉こんにゃく

大内宿名物のひとつ、玉こんにゃく。よく味がしみています。ほおばりながら、大内宿をぶらぶらするのはいかがでしょうか。

大内宿の特典

庄助の宿 瀧の湯をご利用のお客様には、以下のお店で特典がございます。 下記のお店にて、「庄助の宿 瀧の湯のホームページを見た」とお店の方へ言うと うれしい特典が付きます。 是非ご利用くださいませ。

こめ屋

【住所】 南会津郡下郷町大字大内字山本16-3
【電話】 0241-68-2926
【営業時間】 午前8時30分~午後4時30分
【定休日】 無休 ※冬は不定休
【URL】 http://komeyasoba.com/
★特典  食堂で、お食事をした方に「味噌田楽サービス」致します。 (※個人のお客様に限ります)

萬屋

【住所】 福島県南会津郡下郷町大内山本32
【電話】 0241-68-2929
【営業時間】 午前8時~午後5時(冬季は午前9時~午後4時)
【定休日】 無休 ※冬季は大雪の場合は休み
【URL】 http://www.uyou.gr.jp/yorozuya/oouchi.html
★特典  お食事をした方に「玉こんにゃく」サービス致します。

南仙院

【住所】 福島県南会津郡下郷町大内山本31
【電話】 0241-68-2940
【営業時間】 午前8時~午後5時
【定休日】 不定休
【URL】 -
★特典 お買い物1000円以上で「起き上がり小法師」プレゼント致します。

大内宿マップ

大内宿マップ

  • 塔のへつり
  • 周辺の観光名所

    塔のへつり

    福島県会津地方の南会津東部を流れる大川が形成する渓谷。
    大川ラインにあり、1943年(昭和18年)河食地形の特異例として国の天然記念物に指定されました。 「へつり」とは地元の方言で「険しい崖」のことを意味しています。
    一帯は第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており、 その軟岩部が長年の歳月による浸食と風化の作用によって形成された柱状の断崖です。 全長200mにわたり、大規模な奇岩が整列しています。
    主なものに「屏風岩」「烏帽子岩」「護摩塔岩」「九輪塔岩」 「櫓塔岩」「獅子塔岩」「鷲塔岩」など。
    吊橋をわたって奇岩を巡ることができます。 一帯は樹木に覆われており、新緑や紅葉の頃はひときわ美しく私たちの目を楽しませてくれます。

塔のへつり
塔のへつり

【住所】 福島県南会津郡下郷町弥五島下夕林5319
【アクセス】 会津鉄道「塔のへつり駅」からすぐ
【最寄り駅】 塔のへつり
【URL】 http://shimogo.jp/sightseeing/tonohetsuri/
【問い合わせ先名称】 下郷町商工観光課
【問い合わせ先電話番号】 0241-69-1144

塔のへつり駅
塔のへつり駅

塔のへつり駅は、会津鉄道会津線の駅で、単式ホーム1面1線を有する地上駅・無人駅です。 駅名標には「奇岩が招く藤娘」と記されています。 下り方向へ向かって左側にホームがあり、ホームの会津若松寄りに出入口があります。 駅の建物はホームから出て左側に存在しています。 国指定天然記念物、塔のへつりへは徒歩3分の場所に位置しており、塔のへつりへの最寄駅であるとして、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定されました。 ホームに設置された二体のこけしが、観光客を出迎えてくれます。

塔のへつり駅
塔のへつり駅

【住所】 福島県南会津郡下郷町大字弥五島字下夕林5331-3
【アクセス】 会津鉄道「塔のへつり駅」
【最寄り駅】 塔のへつり駅
【URL】http://www.aizutetsudo.jp/
【問い合わせ先名称】 会津鉄道株式会社
【問い合わせ先電話番号】 0242-28-5885

  • 観音沼森林公園
  • 観音沼森林公園

    標高1627mの観音山のふもとにある観音沼森林公園は、沼のところどころに、浮島があり神秘的なムードが漂い四季折々の美しさが楽しめます。 公園内には散策コースが整備され、新緑の季節、ヤマユリの季節、 秋の紅葉時期と、地域の人はもとより県内外の人の憩いの場となっています。 中でも秋の紅葉は、周囲の山々と観音沼の織りなすコントラストに多くの人が魅せられ、 プロ・アマを問わず多くのカメラマン、家族連れで賑わいます。 観音沼のほとりには、坂上田村麻呂が東征のおり建立したと伝えられる 御蔵入三十三観音のうちの十三番札所、嶽観音堂がひっそりと建っています。

観音沼森林公園
観音沼森林公園

【住所】 南会津郡下郷町大字南倉沢
【アクセス】 会津鉄道会津線「養鱒公園駅」から車10分
【最寄り駅】 養鱒公園
【URL】 http://shimogo.jp/sightseeing/kannonnumashinrinkoen/
【問い合わせ先名称】 下郷町観音沼森林公園監理事務所
【問い合わせ先電話番号】 0241-67-3674

嶽観音堂
嶽観音堂

観音沼のほとりにある嶽観音堂は、坂上田村麻呂の建立と伝えられ、 田村麻呂が東征の折、 参戦した人馬の供養の為に建立したと伝えられており、 唐様方三間宝形造りで、向拝、紅梁、懸魚などの彫刻は見事なものです。

嶽観音堂
嶽観音堂

【住所】 福島県南会津郡下郷町南倉沢字観音平
【アクセス】 会津鉄道会津線「会津下郷駅」から車で
【最寄り駅】 会津下郷
【URL】 http://shimogo.jp/sightseeing/gokukannondo/
【問い合わせ先名称】 下郷町役場 商工観光係
【問い合わせ先電話番号】 0241-69-1144

中の沢観音堂
中の沢観音堂

中妻地区にある中の沢観音堂は昭和35年に国の重要文化財の指定を受けています。 会津地方にしては数少ない純粋の和洋建築スタイルの観音堂です。 釘が一本も使用されていないなど、古い形式を残す建築物です。 うっそうとした木々に囲まれ、 簡素で素朴なたたずまいの中にも優雅さを秘めたその姿には 日本人の心に深くしみるものがあります。 安置仏は聖観音立像ですが、秘仏となっています。御蔵入三十三観音の第十一番札所。

中の沢観音堂
中の沢観音堂

【住所】 福島県下郷町中妻
【アクセス】 会津鉄道会津線「会津下郷駅」から車で5分
【最寄り駅】 会津下郷
【URL】 http://shimogo.jp/sightseeing/nakanosawakannondo/
kanko/meishoshiseki/index.html#nakanosawa

【問い合わせ先名称】 下郷町観光案内所
【問い合わせ先電話番号】 0241-68-2920

  • 湯野上温泉
  • 湯野上温泉

    阿賀野川上流の景勝地、大川ラインの中央部に位置し、 四季折々の渓谷美を楽しむことができる閑静な温泉郷です。 温泉は、那須火山帯に源を発するアルカリ性単純泉で、 各種疾病に効能があると人気を集めています。 古くから豊富な湯量(源泉は8ヶ所)と、 大川渓谷沿いの雄大な眺めで知られる湯野上温泉は、 会津観光の拠点として湯宿の点在する素朴な温泉街です。

湯野上温泉駅
湯野上温泉駅

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で ホームは上下線で互い違いに配置されています。 簡易委託駅で、駅業務を下郷町観光協会に委託しています。

日本で唯一の茅葺き屋根の駅舎で、 駅名標には「江戸風情と湯けむりの里」と書かれる通り、とても情緒あふれる駅です。

駅舎は上りホーム(会津田島駅方面)側にあり、 下りホーム(会津若松駅方面行)とは構内踏切で結ばれています。 駅舎にはいろりがあり、冬季は火がくべられ、いろりで温まることができます。 また、売店には地元のお菓子やコーヒーが売られています。

湯野上温泉駅
湯野上温泉駅

【住所】 福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島
【アクセス】 会津鉄道「湯野上温泉駅」
【最寄り駅】 湯野上温泉
【URL】 http://www.aizutetsudo.jp/
【問い合わせ先名称】 会津鉄道株式会社
【問い合わせ先電話番号】 0242-28-5885

道の駅しもごう

道の駅しもごう

道の駅しもごうは下郷町の国道289号「甲子道路」のほぼ中間地点に位置する道の駅です。 愛称は“しもごう Ematto(エマット)”です。 南会津の雄大な山並みを眺望でき、豊かな自然と四季折々の風景が満喫でき、地元猿楽台地で生産された良質なそば粉を使用した手打そばや会津地鶏丼などが楽しめる他、木工品や地元特産物等の提供もしています。

【住所】 福島県南会津郡下郷町大字南倉沢字木賊844-1882
【アクセス】 -
【最寄り駅】 -
【URL】 http://shimogo.jp/sightseeing/michinoekishimogo/
【問い合わせ先名称】 道の駅しもごう
【問い合わせ先電話番号】 0241-67-3802

会津での体験観光

会津では、見るだけでなく、さまざまな体験観光が出来ます。
詳細はこちら。